抜かりのないエイジングケア|化粧品を使い分けよう

食材を使おう

顔を洗う人

スペシャルケアに塩を使ってみよう

入浴の時に塩をお風呂に入れたり、マッサージに塩を使ったりなど、塩の美肌効果には高いものがあります。塩にはミネラル成分が豊富に含まれているので、血行を良くしてくれたり、老廃物をきれいに出してくれる働きがあります。洗顔でも同じような効果を得ることができて、週に1回くらいスペシャルケアとして塩洗顔を行なうと、思いもよらないつるつる美肌になることができます。やり方はとても簡単で、まずはメイクをきれいに落として、顔をぬるま湯で予洗いします。その後にスプーン1杯ほどの塩を少量の水で溶いて、それを顔に塗って軽くマッサージして、洗い流すだけです。塩が毛穴の奥まで入り込んでこれて、汚れをきれいに落としてくれます。また、古い角質を取ってくれるので、つるつるの肌になることができます。

乾燥対策にははちみつ洗顔

はちみつには高い保湿効果があり、スキンケアに使っている方もたくさんいらっしゃいます。身近なところだとリップケアで、唇の荒れが気になる時にはちみつでラップパックすると、つるつるになることができます。また、洗顔でもこのはちみつのパワーを利用する事ができます。いつものように洗顔料を泡立てて、それにはちみつを一滴プラスするだけで、つるつるの美肌になることができます。はちみつの保湿効果のおかげで肌の潤いを奪いすぎずに洗顔することができるので、しっとり感が長続きします。また、はちみつにはマイルドなピーリング効果もあるので、古い角質を取ってくれたり、毛穴汚れを取り去るのにも役立ちます。美肌を目指してはちみつ洗顔を行なうなら、添加物の含まれていないはちみつが向いています。