レディー

クマレーザーでキラキラアイ【自信高まる整形術】

肌に再びハリとうるおいを

注射

ヒアルロン酸注射とは人体にもともと備わっている弾力成分であるヒアルロン酸を注入し、お肌にハリとうるおいを与えるという美容整形術です。シワ・たるみ・ほうれい線・目の下のくぼみなどの肌トラブルに効果があるとされています。

View Detail

肌悩みの解消

女性

東京には、名医の誉れ高い美容外科医が大勢いますので、安心して美容治療を受けることができます。たとえば肌悩みを抱えていても、肌が弱いので怖くて治療を受けることができないという人がたまにいます。そのような人でも、フォトフェイシャルであれば問題なく受けることができます。

View Detail

疲れ顔を改善するには

美容整形

疲れ顔になる原因

体が疲れると、全身の血行が悪くなってしまいます。血液の流れが悪くなると、本来であれば心臓に戻されるはずの汚れた血液が、体のあちこちに滞留してしまうようになります。とはいえ、体の表面を覆っている皮膚に隠されて、滞留している血液が外側から見えてしまうようになることは普通はありません。しかし、目の下の皮膚は体の他の部位の皮膚よりもずっと薄いため、滞っている血液の色が透けて見えてしまうようになります。これがいわゆる青クマなのですが、過労や睡眠不足が原因で引き起こされる症状ですので、十分に睡眠を取って体をしっかり休ませてやるようにすれば、自然に治ってしまいます。ただし、疲労以外の原因で生じるクマもあります。それは、茶グマです。目の下にできる茶色いクマはメラニン色素が皮膚に沈着することによって発生するクマですから、睡眠や休息で症状が改善されることはありません。しかし、青クマとほぼ同様の見た目になるため、疲れているように見られてしまうことが多くなります。

茶グマの治療方法

先程も言ったように、青クマは体が疲労して血行不良に陥ることが原因で引き起こされる症状ですから、体をしっかりと休ませてやるようにするだけで自然に症状が消失します。また、目の下を温めてやったり、目の周りにソフトタッチのマッサージを施すという方法も有効です。しかし、茶グマは、体外に排出され切らずに皮膚細胞の中に残ってしまったメラニン色素が、皮膚に沈着することによって発生する症状です。つまり、皮膚自体に茶色っぽい色がついてしまうわけですが、茶グマの治療にはレーザーがよく効きます。レーザーにはメラニン色素に反応して熱を発するという特性があるため、茶グマにレーザーを照射すると、クマの色が消失します。目元にレーザーをあてるのは怖いという人もいますが、豊富な治療実績を持つ医師に担当してもらえば、安心して治療を受けることができます。

目を大きくする施術

美容整形

目頭切開は、神戸で確実に目を大きくすることができると人気の美容整形です。目尻を少し切除して白目の部分を大きく広げることで、目を大きくできます。施術時間も30分ほどととても短く、手軽に行うことができます。

View Detail